【450誌以上読み放題】dマガジンの特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ

【週刊文春も読める】dマガジンの特徴、メリット&デメリットまとめ

タマ
今回は、400誌以上の雑誌が読み放題のサービス「dマガジン」を紹介します。
dマガジンはこんなサービス

  • 月額400円で450誌以上の雑誌が読み放題。
  • dポイントが貯まる。
  • バックナンバーやダウンロードなど機能が充実。
  • 初回は31日間無料で体験できる。

 

dマガジンは、NTTドコモが運営している雑誌読み放題サービスです。

月額400円(税抜)で450誌以上が読み放題とコスパが良く、バックナンバーやダウンロードなどの機能も充実しているのでとても人気があります。

 

月額400円で450誌以上が読み放題

31日間無料で体験できます。文春も読めるよ!

 

dマガジンのメリット・特徴

タマ
まずは『dマガジン』のメリットから紹介していくね。
〇メリット

  • 月額400円で450誌以上の雑誌が読み放題。
  • dポイントが貯まる。
  • バックナンバーが読める。
  • ダウンロードできるのでオフラインで読める。
  • キーワードで記事を検索できる。
  • 読み放題の雑誌だけなので分かりやすい。
  • 初回31日間無料で体験できる。

 

月額400円で450誌以上の雑誌が読み放題

月額400円で450誌以上の雑誌が読み放題

dマガジンは、2020年2月に公表している扱い雑誌数が、400誌から450誌に増加。

月額400円(税抜)で扱っている雑誌がすべて読み放題と、とてもコスパの良いサービスです。

 

扱っているジャンルも多岐にわたり、週刊誌、ファッション誌、ビジネス誌などの人気雑誌も数多く配信しています。

タマ
ドコモのサービスだけど、ドコモユーザーじゃなくても利用できるよ。

 

dポイントが貯まる

dポイントが貯まる

dマガジンの利用料金を支払う際に、dポイントがもらえます。

もらえるdポイントは、100円につき1ポイントなので毎月4ポイント。

 

もらったポイントは、マクドナルドなどの加盟店で利用することができます。

さらに、dマガジンでは不定期でdポイントがもらえるキャンペーンを実施しており、中には1ヶ月分のポイントがもらえることも。

 

バックナンバーが読める

バックナンバーが読める

dマガジンでは、雑誌の最新号だけでなくバックナンバーも読むことができます。

気になっていたけどまだ読んでいない、一度読んだけどもう一度読みたいといった時など、かなり重宝するサービスです。

 

ただ、一部雑誌ではバックナンバーが読めないものや少ないものもあります。

ですので、読みたい雑誌にバックナンバーがあるか、事前にdマガジンのHPで確認しておきましょう。

 

ダウンロードできるのでオフラインで読める

ダウンロードできるのでオフラインで読める

dマガジンではアプリを使うことで、雑誌をスマホやタブレットにダウンロードすることができます。

自宅などWi-Fi環境のあるところで、事前に雑誌をダウンロードしておけば、外出先などオフラインでも雑誌を読むことが可能に。

 

雑誌は読むのに結構通信料がかかるので、通信料の節約にもなり一石二鳥の便利な機能です。

※一部ダウンロードができない雑誌もあります。

 

キーワードで記事を検索できる

キーワードで記事を検索できる

dマガジンでは、キーワードで該当する記事を探すことができます。

気になるニュースや人物などのことが書かれた記事が表示されるので、すぐに読みたい記事だけ読める便利な機能なんです。

この機能のおかげで、いろんな雑誌をチェックする手間が省けますよ。

 

読み放題の雑誌だけなので分かりやすい

雑誌以外にマンガや書籍が読めたりするサービスはとても魅力的ですが、いろんなコンテンツが混在してしまい分かりずらい面があります。

それとは逆に、dマガジンでは読み放題の雑誌だけしかありません。

そのため、とても分かりやすく初めての方でも迷うことなく利用することができます。

 

初回31日間無料で体験できる

dマガジンは、初回に限り31日間無料で体験することができます。

自分にあったサービスか分からない、失敗したくない、といった不安も無料体験があるので安心です。

利用するか迷っているなら、とりあえず体験してみましょう!

 

月額400円で450誌以上が読み放題

31日間無料で体験できます。文春も読めるよ!

 

ドコモユーザー必見!スゴ得コンテンツなら人気アプリが使い放題
☞アプリダウンロードはこちら

dマガジンのデメリット・注意点

タマ
登録前に注意点も確認しておきましょう。
✕デメリット・注意点

  • 登録時にdアカウントが必要。
  • docomo回線以外はクレジットカードが必要。
  • 支払いにdポイントが使用できない。
  • 月の途中で登録・解約しても1ヶ月分の料金がかかる。
  • 紙の雑誌と内容が違うことがある。
  • 通信料に注意が必要。

登録時にdアカウントが必要

docomo回線の方も、登録時にはdアカウントが必要になります。

※docomo IDをdアカウントとして使用することもできます。

 

dアカウントを持っていない方は、登録のときに「dアカウントを発行する」から作成できるので、作成してから再度申し込みをしましょう。

 

docomo回線以外はクレジットカードが必要

docomo回線の方は、携帯料金と合算して利用料金を支払うことができます。

しかし、docomo回線以外の方はクレジットカードの登録が必要です。

 

現状、docomo回線以外のdアカウントでは、クレジットカードしか支払い方法に設定ができません。

 

支払いにdポイントが使用できない

dポイントも貯まるので、dポイントを支払いに使うことができそうですよね。

しかし、dマガジンの利用料金の支払いにはdポイントが使えません。

 

楽天マガジンではできるので、ちょっと不便に感じてしまいます。

【450誌読み放題】楽天マガジンの特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ【雑誌500誌読み放題】楽天マガジンの特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ

 

月の途中で登録・解約しても1ヶ月分の料金がかかる

dマガジンの料金は日割り計算されません。

そのため、月の途中で登録・解約をしても1ヶ月分の料金が請求されます。

 

登録のタイミングとしては、無料体験期間が終わる日を月初にするのがベストです。

そうすることで無駄なくdマガジンを利用することができます。

 

紙の雑誌と内容が違うことがある

著作権などの関係で、紙の雑誌と内容が違う場合があります。

紙の雑誌を買うよりも安い月額400円で利用することができるので、仕方ない部分ですね。

無料期間の間に、あなたの目当ての雑誌の内容を確認しておきましょう。

 

通信料に注意が必要

雑誌を読む際に、1ページあたり1MBくらいの通信料が発生します。

カラーのページが多いので、1冊100MB以上かかる場合が多いです。

通信料が気になる方は、Wi-Fiなどで事前にダウンロードをしておきましょう。

 

dマガジンの基本情報

料金(税抜)月額400円
雑誌ラインナップ450誌以上
バックナンバー閲覧
ダウンロード機能
同時利用ブラウザ:2台
アプリ:5台
支払方法docomo携帯料金合算
クレジットカード
無料体験期間31日間

 

雑誌ラインナップ

ジャンル主な雑誌
総合週刊誌週刊文春
週刊新潮
週プレ
週刊SPA!
週刊ポスト
AREA
FRIDAY
週刊現代
女性セブン
女性自身
FLASH
ニューズウィーク日本版
女性ファッションVERY
LEE
Marisol
Precious
STORY
Ray
with
Oggi
mina
Seventeen
eclat
MORE
CLASSY.
GINGER
CanCam
ViVi
JJ
non-no
フィガロジャポン
美人百花
steady.
女性ライフスタイルESSE
CHANTO
サンキュ!
LDK
Hanako
日経ウーマン
婦人公論
家庭画報
Mart
anan
美的
LDK the Beauty
MAQUIA
VOCE
NHKすてきにハンドメイド
美ST
ar
FRaU
男性ファッションUOMO
GO OUT
Fine
MEN’S NON-NO
LEON
OCEANS
FINEBOYS
LEON
Safari
メンズクラブ
2nd
MEN’S EX
男性ライフスタイルPOPEYE
BE-PAL
Tarzan
GoodsPress
日経トレンディ
DIME
MonoMax
BRUTUS
Casa BRUTUS
Pen
デジモノステーション
Hot-Dog PRESS
男の隠れ家
MonoMaster
MONOQLO
GetNavi
モノ・マガジン
Begin
家電批評
ビジネス・IT・国際クーリエ・ジャポン
プレジデント
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経マネー
週刊アスキー
ナショナル ジオグラフィック
Mac Fan
PRESIDENT
ダイヤモンドZAi
日経PC21
エンタメ・趣味ムー
週刊Gallop
週刊ファミ通
ダ・ヴィンチ
GetNavi
ディズニーファン
鉄道ファン
日経エンタテインメント!
月刊ザテレビジョン
Myojo
つり人
月間エンタメ
電撃PlayStation
ザテレビジョン
JUNON
アニメディア
アニメージュ
PASH!
スポーツ・車週刊ベースボール
週刊プロレス
サッカーダイジェスト
ベストカー
ホリデーオート
週刊ゴルフダイジェスト
Number
ラグビーマガジン
Mr.Bike BG
CAR GRAPHIC
RIDERS CLUB
相撲
週刊パーゴルフ
月間バスケットボール
ラグビーマガジン
ランニングマガジン
報知高校野球
お出かけ・グルメおとなの週末
エル・グルメ
dancyu
散歩の達人
月刊山と渓谷
ワイン王国
東京カレンダー
東京ウォーカー
横浜ウォーカー
旅の手帖
dancyu
料理・暮らし・健康クロワッサン
オレンジページ
レタスクラブ
3分クッキング
日経ヘルス
ひよこクラブ
たまごクラブ
ねこのきもち
いぬのきもち
毎日が発見
NHK きょうの健康
NHK きょうの料理
上沼恵美子のおしゃべりクッキング
ハルメク
プレジデントファミリー

※2020年3月2日現在

 

対応デバイス

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット

dマガジンでは、様々なデバイスに対応しているので、いつでもどこでも雑誌を楽しむことができます。

同時利用に関しては、ブラウザ2台、アプリ5台の計7台まで利用可能です。

 

月額400円で450誌以上が読み放題

31日間無料で体験できます。文春も読めるよ!

 

☟登録と解約方法は別記事で解説しています。

【画像付きで解説】dマガジンの登録&解約方法と注意点まとめ【画像付きで解説】dマガジンの登録&解約方法と注意点まとめ

 

dマガジンまとめ

まとめ

dマガジンまとめ

 

【メリット・特徴】

  • 月額400円で400誌以上の雑誌が読み放題。
  • dポイントが貯まる。
  • バックナンバーが読める。
  • ダウンロードできるのでオフラインで読める。
  • キーワードで記事を検索できる。
  • 読み放題の雑誌だけなので分かりやすい。
  • 初回31日間無料で体験できる

 

【デメリット・注意点】

  • 登録時にdアカウントが必要。
  • docomo回線以外はクレジットカードが必要。
  • 支払いにdポイントが使用できない。
  • 月の途中で登録・解約しても1ヶ月分の料金がかかる。

 

dマガジンは、配信雑誌数が450誌以上と、雑誌読み放題サービスの中ではトップクラス。

ですが、週刊文春など人気雑誌も多数配信しており、満足度の高い内容になっています。

 

配信されている雑誌はすべて読み放題で、追加料金がかかることはありません。

はじめての方は31日間無料で体験できるので、気になる方は一度体験してみてください。

 

月額400円で450誌以上が読み放題

31日間無料で体験できます。文春も読めるよ!

 

☟dマガジン以外のおすすめ雑誌読み放題サービスはこちら

【2020最新・用途別】おすすめの雑誌読み放題サービス比較・一覧