【2020年/無料あり】プロ野球のライブ中継をネットで見る方法(おすすめも紹介)

【2020年/無料あり】プロ野球のライブ中継をネットで見る方法(おすすめも紹介)

6月19日に2020年のプロ野球がついに開幕。

ですが、ここ最近は地上波で見れる機会が大幅に減少しているので、見たくても見れない方も多いはず。

 

結論から言うと、現在はインターネットかBS・CSの衛星放送で見ることが可能です。

そこで、本記事ではプロ野球の試合(ライブ中継・見逃し)を見る方法をまとめ、紹介していきたいと思います。

タマ
サービスによっては、無料で体験できるものもあるよ!

 

プロ野球が見れる配信サービス

スカパー!

料金体系(税抜)基本料:月額390円
プロ野球セット:月額3.685円
視聴可能チームセ・パ全12球団の主催試合 ※1
交流戦
クライマックスシリーズ
日本シリーズ
対応デバイスパソコン
スマホ、タブレット
Fire TV
スマートテレビ
同時視聴※2
ダウンロード
録画衛星放送:〇 ※3
オンデマンド:✕
無料期間加入月0円

※1 広島の主催試合は、一部地域で視聴できない場合があります。
※2 衛星放送とオンデマンドなら同時に視聴できます。
※3 録画方法により契約するB-CASカードが異なります。

 

DAZNでは見れない広島とヤクルトの主催試合を含め、スカパー!では全12球団の試合を見ることができます。

衛星放送なので、環境によっては通信が安定しないWi-FI環境よりも安定感は抜群です。

 

さらに、地上波のように番組を録画できるので、残しておきたい試合などを保存しておくことができます(オンデマンドの配信は録画できません)。

これは、DAZNのようなストリーミング配信にはないメリットです。

 

スカパー!では通常、アンテナや光回線を利用して番組を見ることができます。

ですが、オンデマンドサービスを利用することで、Wi-Fi環境だけでPCやスマホなどで視聴することが可能です。

 

スカパー!のプロ野球セットを契約している方は、オンデマンドの利用料金が無料。

追加料金なしで利用することができます。

 

全12球団の試合をライブ中継!

加入月0円。申し込みから30分で視聴できます。

【比較/DAZN vs スカパー!】プロ野球を観るならどっちがおすすめ?(ライブ中継&見逃し配信)

 

DAZN

料金体系(税抜)月額1,750円
視聴可能チーム広島を除くセ・パ11球団の主催試合
交流戦
クライマックスシリーズ
日本シリーズ
対応デバイスパソコン
スマホ、タブレット
Fire TV
Chromecast
Apple TV
スマートテレビ
ゲーム機
同時視聴〇(2台)
ダウンロード
録画
無料期間初回1ヶ月間無料

 

プロ野球は、広島を除く11球団の主催試合を配信を予定しています。

日本シリーズこそ配信されませんが、交流戦とクライマックスシリーズも視聴可能です。

 

野球以外にも、サッカー、バスケ、ラグビーなど、130以上のスポーツを年間10,000試合以上も配信。

スカパー!のようにチャンネル選択製ではないため、1,750円(税抜)を毎月支払えば追加料金なしですべてのコンテンツを視聴することができます。

 

DAZNは、PCやスマホはもちろん、対応機器を使用することでテレビでの視聴にも対応。

はじめての方には無料期間が1ヶ月間用意されているので、気軽に体験できるのも嬉しいポイントです。

 

11球団主催試合が月1,750円で見放題

いつでも解約できます。

【1ヶ月無料】DAZN(ダゾーン)の特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ

 

☟2020シーズン・ヤクルト主催試合の配信が決定!

 

Hulu

Hulu

料金体系(税抜)月額933円
視聴可能チーム巨人の主催試合
交流戦
クライマックスシリーズ
日本シリーズ
対応デバイスパソコン
スマホ、タブレット
Fire TV Stick
Chromecast
Apple TV
スマートテレビ
ブルーレイレコーダー/プレーヤー
ゲーム機
同時視聴
ダウンロード
録画
無料期間2週間

 

Huluでは、巨人の主催試合を見ることができます。

パソコンやスマホをはじめ、対応機器を使用することでテレビでの視聴にも対応。

いつでもどこでも巨人戦を楽しむことができます。

 

巨人の主催試合しか見れないのがデメリットですが、Huluでは日テレ系のドラマをはじめ、バラエティや映画なども見放題。

野球以外のコンテンツも一緒に視聴ができるので、いろいろな楽しみ方ができる動画配信サービスになっています。

 

巨人ファン必見!ドラマや映画も見放題。

初回2週間無料で体験できます。

 

J SPORTSオンデマンド

J SPORTSオンデマンド

料金体系(税抜)【野球パック】
一般:月額1,800円
U25割:月額900円
視聴可能チーム広島の主催試合 ※1
交流戦
クライマックスシリーズ
日本シリーズ
対応デバイスパソコン
スマホ、タブレット
Fire TV
Chromecast
Apple TV
同時視聴
ダウンロード
録画
無料期間なし

※1 一部地域で視聴できない場合があります。

 

スカパー!を除き、広島の主催試合が見れる配信サービスは「J SPORTSオンデマンド」だけ。

スマホやパソコン、テレビにも対応しているので、広島ファン必見のサービスです。

 

ビジターの試合は配信されないのでDAZNと組み合わせる必要がありますが、スカパー!を契約するよりも少しだけ価格が抑えられます。

25歳以下の方であれば半額の900円で利用可能。

広島の主催試合だけは外せない、という方におススメのサービスです。

 

広島の主催試合が見れる!

大学・社会人野球も配信。

 

Paravi

Paravi

料金体系(税抜)月額925円(税込1,017円)
視聴可能チームDeNAの主催試合
交流戦
クライマックスシリーズ
日本シリーズ
対応デバイスパソコン
スマホ、タブレット
Fire TV
Chromecast
Apple TV
スマートテレビ(Panasonic)
同時視聴
ダウンロード
録画
無料期間初回2週間無料

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。

 

Paraviでは、DeNAの主催試合を見ることができます。

パソコンやスマホをはじめ、対応機器を使用することでテレビでの視聴にも対応。

いつでもどこでもDeNA戦を楽しむことができます。

 

DeNAの主催試合しか見れないのがデメリットですが、ParaviではTBS、テレ東のドラマをはじめ、バラエティや情報番組なども見放題。

ドラマに関しては、Paraviオリジナルコンテンツや独占配信の作品も多く、ドラマ好きにおススメの内容です。

野球以外のコンテンツも一緒に視聴ができる、野球に興味がない家族でも説得しやすい動画配信サービスになっています。

 

DeNAの試合以外にドラマやバラエティも見放題!

初回2週間無料。

【30日間無料】Paravi(パラビ)のメリット&デメリットまとめ【国内ドラマ・バラエティに強い】Paravi(パラビ)のメリット&デメリットまとめ

 

Rakuten パ・リーグ Special

料金体系(税抜)月額プラン:月額639円
年額プラン:年間5,093円
視聴可能チームパ・リーグ6球団の主催試合
交流戦
クライマックスシリーズ
日本シリーズ
対応デバイスパソコン
スマホ、タブレット
Chromecast
スマートテレビ
PS4
Apple TV
Andorid TV
同時視聴
ダウンロード
録画
無料期間なし

 

Rakuten パ・リーグ Specialでは、パ・リーグ6球団の主催試合を見ることができます。

2019年は交流戦・クライマックスシリーズも配信され、充実の内容でした。

 

月額料金が639円(税抜)と安く、割安な年間プランがあるのが特徴。

楽天SPUの対象なので、楽天市場での買い物までお得になるメリットがあります。

参考 【ポイント最大16倍】楽天の買い物に必須『楽天SPU』を攻略しよういたるブログ

 

スマホ、パソコン、テレビなど、いろんな機器でいつでもどこでも視聴できるので、パ・リーグだけ見れればいいという方におススメのサービスです。

 

パ・リーグ6球団の試合が見れる!

年額プランなら料金がお得。

 

Yahoo!プレミアム

Yahoo!プレミアム

料金体系(税抜)月額462円
視聴可能チームパ・リーグ6球団の主催試合
交流戦
クライマックスシリーズ
日本シリーズ
対応デバイススマホ、タブレット
同時視聴
ダウンロード
録画
無料期間最大6ヶ月間無料 ※1

※1 対象者限定の特典です。詳細は公式にて確認お願いします。

 

Yahoo!プレミアムでは、パ・リーグ6球団の主催試合が見れます。

料金が安くコスパが良いのですが、スマホとタブレットでしか見れないのがデメリットです。

 

Yahoo!プレミアムには、プロ野球以外にもYahoo!ショッピングがお得になったり、雑誌やマンガが読み放題になったりとお得な特典がたくさんあります。

テレビでは見ない、パ・リーグだけ見れればOKという方におススメです。

 

パ・リーグ6球団の試合が見れる

最大6ヶ月間無料

【雑誌、漫画が読み放題】Yahoo!プレミアムの特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ【雑誌、漫画が読み放題】Yahoo!プレミアムの特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ

 

ドコモユーザー必見!スゴ得コンテンツなら人気アプリが使い放題
☞アプリダウンロードはこちら

プロ野球をネットで見る方法まとめ

まとめ

プロ野球が見れるサービス

 

ここまで、いくつかのサービスを紹介してきましたが、全12球団を見るなら「スカパー!」がおススメです。

複数のサービスを組み合わせたとしても、スカパー!より料金が高くなってしまいます。

 

広島の試合にこだわらないのであれば「DAZN」が圧倒的にコスパが優秀です。

ビジターなら広島戦も見れるので、金額をできる限り抑えたいという方は「DAZN」で問題ありません。

 

広島、巨人、DeNAの主催試合だけ、もしくはパ・リーグだけ見たい。

という方は、スカパー!とDAZN以外のサービスの方が価格メリットがあります。

【比較/DAZN vs スカパー!】プロ野球を観るならどっちがおすすめ?(ライブ中継&見逃し配信)