【徹底比較】dマガジン vs Tマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか)

【徹底比較】dマガジン vs Tマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか)

 

注意

2020年5月31日をもって、Tマガジンの有料サービスは終了となります。

今後は無料で利用できる雑誌読み放題サービスとなり、約80誌の雑誌を読むことが可能です。

 

雑誌1冊分以下の価格で、数百誌の雑誌が読める「雑誌読み放題サービス」。

今回は、いくつかあるサービスの中から、人気の「dマガジン 」と「Tマガジン」を比較していきます。

 

dマガジンがおすすめの人ドコモのサービスをよく利用する
契約者向けの特典が多い方がいい
少しでもラインナップが豊富な方がいい
Tマガジンがおすすめの人Tポイント関連サービスをよく利用する
コミック雑誌や成人向け雑誌も読みたい
アプリの縦読み機能を使いたい

 

雑誌読み放題サービスを検討している方、どちらを利用するかで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

月額400円で450誌以上が読み放題

31日間無料で体験できます。文春も読めるよ!

Tポイントが貯まる使える雑誌読み放題サービス!

初回1カ月間無料。以降、月額400円。

【徹底比較】楽天マガジン vs dマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか)【徹底比較】楽天マガジン vs dマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか) 【徹底比較】楽天マガジン vs Tマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか)【徹底比較】楽天マガジン vs Tマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか)

 

【比較①】料金体系

【比較①】料金体系

dマガジンTマガジン
月額プラン:400円(税抜)月額プラン:400円(税抜)

料金体系は、どちらも同じ月額400円(税抜)です。

雑誌読み放題サービスの中では低価格の部類なので、決して高いということはありません。

 

ドコモユーザー必見!スゴ得コンテンツなら人気アプリが使い放題
☞アプリダウンロードはこちら

【比較②】ダウンロード機能

【比較②】ダウンロード機能

機能dマガジンTマガジン
通常ダウンロード
閲覧中ダウンロード
お気に入り自動ダウンロード

ダウンロードについては、どちらも同様の機能があります。

特に違いはないので、どちらを選んでも問題ありません。

 

【比較③】バックナンバー

【比較③】バックナンバー

dマガジンTマガジン

どちらもバックナンバーを閲覧することができます。

雑誌によって読めるバックナンバーの数は違いますが、そこまで大きな差はありませんでした。

利用する人の多くは、最新号の方が読む機会の方が多いと思うので、そこまで気にするポイントではないでしょう。

 

【比較④】検索機能

【比較④】検索機能

機能dマガジンTマガジン
新着雑誌
人気雑誌
ジャンル別
トレンド記事
おすすめ雑誌
記事から探す
雑誌名検索
記事内キーワード検索

アプリの記事検索機能はどちらも充実しており、いろんな方法で雑誌を探すことができます。

どちらかというと、dマガジンの方が読みたい雑誌を探しやすいです。

 

使いやすさに関してはほとんど差はありませんが、Tマガジンはスワイプで縦読みも横読みも可能。

読みやすさに関してはTマガジンの方にメリットがあります。

 

【比較⑤】雑誌ラインナップ

【比較⑤】雑誌ラインナップ

雑誌名dマガジンTマガジン
anan〇(1)〇(1)
CanCam〇(2)〇(2)
MORE〇(2)〇(2)
Duet
美的〇(2)〇(2)
with〇(2)〇(2)
Wink up
kodomoe
POTATO〇(0)
日経エンタテインメント!〇(1)
MOE
LDK〇(11)〇(11)
LEE〇(2)〇(2)
VERY〇(2)
MAQUIA〇(2)〇(2)
サンキュ!〇(1)〇(1)
BAILA〇(2)〇(2)
mamagirl
日経トレンディ〇(1)〇(0)
会社四季報
日経ウーマン〇(1)〇(0)
ESSE〇(2)〇(2)
Numero TOKYO〇(9)
nicola
音楽と人
dancyu〇(11)〇(12)
ダイヤモンドZAi〇(1)〇(1)
BE-PAL〇(11)〇(10)
In Red
MEN’S NON・NO〇(2)〇(2)
BRUTUS〇(1)〇(1)
VoCE〇(2)〇(2)
GLOW
STORY〇(2)〇(2)
東海ウォーカー〇(11)〇(8)
AERA〇(11)〇(9)
Marisol〇(2)〇(2)
FINEBOYS〇(2)〇(0)
eclat〇(2)〇(2)

※1 楽天ブックス「雑誌 週刊ランキング」より(ムック本、子供向け雑誌など一部を除く)。
※2 ()内の数字は、最新号を除くバックナンバー数。
※3 2020年3月14日現在のものです。

 

少しの違いですが、取扱雑誌、バックナンバー数ともにdマガジンの方が多くなっています。

ラインナップが少しでも豊富な方が良い方は、dマガジンの方がおススメです。

 

Tマガジンは、一般誌のラインナップでは劣りますが、コミック雑誌や成人向け雑誌を扱っています。

どちらも初回は無料期間があるので、無料期間中に読みたい雑誌があるかどうか確認するようにしてください。

注意

Tマガジンは、成人向け雑誌が読めてしまうので、家族で利用予定の方は注意してください。

 

☟ジャンルごとに詳しく比較した記事はこちら

【読み放題比較】女性ファッション/ライフスタイル雑誌はどこがおすすめ?(楽天マガジン、dマガジン、Tマガジン)【読み放題比較】女性ファッション/ライフスタイル雑誌はどこがおすすめ?(楽天マガジン、dマガジン、ブック放題) 【読み放題比較】週刊誌/ニュース雑誌はどこがおすすめ?(楽天マガジン、dマガジン、Tマガジン)【読み放題比較】週刊誌/ニュース雑誌はどこがおすすめ?(楽天マガジン、dマガジン、ブック放題)

 

【比較⑥】ポイント利用・還元

【比較⑥】ポイント利用・還元

dマガジンTマガジン
ポイント利用:✕
ポイント還元:〇
ポイント利用:〇
ポイント還元:〇

どちらもポイントサービスを持っているので、利用料金分のポイントが還元されます。

しかし、今あるポイントを使うことができるのはTマガジンの方だけです。

 

dマガジンは、利用料金にポイントを使用することができません。

各々のサービスをよく利用していてポイントが余っている、期間限定ポイントなどを有効に活用したいと考えている方は、Tマガジンがおススメです。

 

【比較⑦】同時利用

【比較⑦】同時利用

dマガジンTマガジン
ブラウザ:2台
アプリ:5台
ブラウザ:1台
アプリ:5台

複数の端末での利用は、どちらも可能です。

アプリの場合、登録できる端末も5台までとなっています。

 

【比較⑧】無料体験期間

【比較⑧】無料体験期間

dマガジンTマガジン
初回31日間初回1カ月間

どちらも初めての場合、無料で体験することができます。

Tマガジンは1ヶ月間なので、dマガジンの方が若干無料期間が長くなります。

 

少しでも長い期間無料で体験したい方は、dマガジンの方がお得です。

どちらも無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

 

☟楽天マガジン、dマガジン各々の紹介記事はこちら

【450誌読み放題】楽天マガジンの特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ【雑誌500誌読み放題】楽天マガジンの特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ 【週刊文春も読める】dマガジンの特徴、メリット&デメリットまとめ【450誌以上読み放題】dマガジンの特徴、ラインナップ、メリット&デメリットまとめ

 

【楽天マガジン vs dマガジン】比較まとめ

まとめ

dマガジンがおすすめの人ドコモのサービスをよく利用する
契約者向けの特典が多い方がいい
少しでもラインナップが豊富な方がいい
Tマガジンがおすすめの人Tポイント関連サービスをよく利用する
コミック雑誌や成人向け雑誌も読みたい
アプリの縦読み機能を使いたい

 

「dマガジン」と「Tマガジン」は、どちらも優れたサービス内容なのでどちらを選んでも問題ありません。

比較項目にはありませんでしたが、dマガジンはコラボキャンペーン、限定クーポン、ポイントキャンペーンなど、契約者向けの特典が豊富です。

 

Tマガジンは、特典はあまりありませんがポイントを使用することができ、コミック雑誌なども扱っています。

それぞれ特徴が異なるので、読みたい雑誌がある方、関連サービスの利用が多い方などで選択するのがおすすめ。

どちらも初回31日間の無料体験期間があるので、ぜひ一度体験してみてください。

 

月額400円で450誌以上が読み放題

31日間無料で体験できます。文春も読めるよ!

Tポイントが貯まる使える雑誌読み放題サービス!

初回1カ月間無料。以降、月額400円。

【徹底比較】楽天マガジン vs dマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか)【徹底比較】楽天マガジン vs dマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか) 【徹底比較】楽天マガジン vs Tマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか)【徹底比較】楽天マガジン vs Tマガジン(読み放題ラインナップ・機能・料金ほか)